ストレス

500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(しぼうかん)は、脳梗塞を代表とする色んな健康障害の原因となる可能性があるのです。
塩分と脂肪の摂り過ぎを控えた上で適切な運動を心がけ、ストレスのかかり過ぎないような毎日を心がけることが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め予防するコツだといえます。
老人や慢性的な病気をお持ちの方などは、ことさら肺炎を発症しやすく治療が長引く傾向にあるので、予防策の徹底や早めの受診が重要だといえます。
人の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類することができますが、中耳付近に様々な細菌やウィルスが付着して炎症が誘発されたり、液体が溜まる病を中耳炎と言っています。
基礎代謝量(kcal)は睡眠中ではない覚醒状態で生命を維持していく(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋緊張の維持等)ために必ず要るミニマムなエネルギー消費量のことを指すのです。
ちょっとした捻挫と決め込んで、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどで患部を適当に固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を終えたら少しでも早く整形外科でレントゲンを撮ることが、結局は完治への近道となるのです。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が失われてしまった後に購入できて、新薬に等しい成分で負荷の小さな(金額が安価な)後発医薬品そのものです。
現在、若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に抗える免疫(抵抗力)を保有しない人達が増えていることや、早合点のために診断が遅れることが素因のアウトブレイクや院内感染の発生頻度が高いようです。
ともすると「ストレス」は、「溜めないようにするもの」「除外すべき」ものと思いがちですが、実際は、人は大なり小なりのストレスを抱えるからこそ、活動することが可能になるのです。
栄養バランスの取れた食事を1日3回とることや体を動かすことは当然のこととして、体の健康や美容を目的として、目当ての栄養を補うために数種類のサプリメントを摂る事が一般的になったようです。
汗疱(汗疱状湿疹)とは主に手のひらや足裏、または指と指の間などにブツブツの水疱が現れる症状で、通称あせもと言われ、足の裏に出ると足水虫と早とちりされることもあります。
エネルギーの源として瞬時に役立つ糖質、細胞の生まれ変わりに必須のタンパク質など、激しい痩身ではこういった活動を確保するために欠かすことのできない栄養素までもを減らしてしまう。
BMIを求める計算式はどの国でも等しく同じですが、値の評価基準は国によってそれぞれ異なっており、(社)日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準体重、BMI25以上は肥満、18.5未満だと低体重と周知しています。
吐血と喀血、いずれも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血の方は咽頭から肺に達している気道(きどう、呼吸器の一種)から血が出ることであり、吐血というものは十二指腸よりも上にある消化管から出血する症状のことを言い表しています。
花粉症というのは、森林の杉やヒノキ、ブタクサなどの大量に飛散する花粉が誘因となって、クシャミ・皮膚の痒み・微熱・鼻みずなどのアレルギーを齎す病気だと広く知られています。