酸素や栄養

ミュージックライブのおこなわれる会場やクラブなどに設けられているとても大きなスピーカーの真正面で爆音を聞いて耳が聞こえづらくなってしまうことを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼んでいるのです。
万が一検査で事実上卵胞ホルモンなどの分泌量が足りず早発閉経(そうはつへいけい・POF)と分かったら、不足している女性ホルモンを補ってあげる医術などで緩和できます。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管の中の空間が細くなって、血液の流れが止まり、必要な酸素や栄養が心筋まで配達されず、筋肉細胞自体が死んでしまう大変恐ろしい病気です。
明るくない所だと光量不足によりものが見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、目のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーが使用されてしまい、明るい場所で物を眺めるより疲れるのが早くなります。
我が国における結核対策は、1951年に生まれた「結核予防法」にならっておこなわれてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは違う感染症と供に「感染症予防法」という法律に基づいて遂行されることが決定しました。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が原因で生じる湿疹で、分泌が異常をきたす因子としてアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの乱れやナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏等が大きいと言われています。
子供の耳管の作りは、大人の耳管に比べると幅があって短めで、かつ水平に近いため、黴菌が潜り込みやすくなっています。大人より子供の方がよく急性中耳炎を起こすのは、この構造が関わっています。
結核の原因となる結核菌は、保菌者が「咳」をすることによって外気や内気に振りまかれ、空気中でフワフワ漂っているのを誰かが呼吸しながら吸い込むことでどんどん感染していきます。
お酒に含まれるアルコールを無毒化する効果のあるナイアシンは、不快な宿酔に効く成分です。辛い宿酔の誘因物質といわれるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という化学物質の無毒化に携わっているのです。
素人が外から眺めただけでは骨を折ったかどうか分からない時は、ケガをしたところの骨を少しだけ触ってみてください。もしその位置に激しい痛みが走れば骨折の可能性があります。
学校等の大勢での団体行動において、花粉症の症状のせいでクラスの友達と同じようにして思いきり行動ができないのは、患者である子供にとっても辛いことです。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染により罹患するウイルス感染症の病名であり、免疫不全を起こして健康体では感染しにくい日和見感染やがん等を複数併発する病状を指し示しています。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、本人にしか感じられないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように当事者と他の人にも品質の高いマイクロホンを使用すると感じるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
なんとなく「ストレス」は、「なくすもの」「除去すべきもの」と敬遠しがちですが、その実、私達は様々なストレスを感知するからこそ、生活し続けることができています。
脂溶性であるビタミンDは、Caの吸収を助けるという作用が有名であり、血中のCa濃度を調節し、筋肉の働きを適切に調節したり、骨を生成したりしてくれます