肥満

チェルノブイリ原発の爆発事故に関するその後の追跡調査の結果からは、大人と比較して体の小さい子供のほうが漏れた放射能の害を受容しやすくなっていることが判明しています。
メタボとは診断されていなくても、臓器の脂肪が多く溜まる類の悪い肥満になってしまうことに縁って、あらゆる生活習慣病を招く可能性が高まります。
人の耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分かれていますが、中耳付近に黴菌やウィルスが付いて炎症が誘発されたり、体液が溜まる病を中耳炎と呼ぶのです。
ポリフェノール最大の長所は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のV.E.などとは性質が違い、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、細胞膜でも抗酸化作用があるそうです。
まず間違いなく水虫イコール足、ことさら足の裏に現れる皮膚病だと捉えられていますが、原因菌である白癬菌が感染する所は足だけに留まらず、体の様々な部位に感染する可能性があるので注意してください。
「肝機能の悪化」については、血液検査項目のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)など3種類の数値で判断することができますが、近頃肝機能が衰えている日本人が増加傾向にあるとの報告がありました。
ダイエットに没頭するあまり1日の総カロリーを控える、ほとんど食べない、こういった生活のスタイルが必要な栄養までもを不足させ、慢性の冷え性をもたらしていることは、多くの医師が危惧されています。
体脂肪量にはさして変化がみられず、体重だけが食物摂取や排尿などによって短時間で増減するような時、体重が増えた人の体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減れば体脂肪率が上昇することがわかっています。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に両手両足がしびれたり脚の著しい浮腫などが目立ち、病状が進行すると、悲しいかな、呼吸困難に至る心不全を連れてくることがあるそうです。
素人判断では骨折しているかどうか不明な場合は、ケガをしたポイントの骨を優しく圧してみてください。その箇所に激しい痛みが走れば骨折の疑いがあります。
学校・幼稚園などの大規模な集団行動において、花粉症の症状が原因でクラスのみんなと同時に外で思う存分走り回れないのは、患者にとっても辛い事でしょう。
ただの捻挫だろうと自己判断してしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を施した後すかさず整形外科の医師に診察してもらうことが、早く完治させる近道だといえます。
真正細菌の結核菌は、患者さんがゴホゴホと咳き込むことで外気に振りまかれ、空中にフワフワ浮いているところを他人が空気と一緒に吸い込むことによってどんどん拡がっていきます。
収縮期血圧140以上の高血圧がある程度続くと、血管に強いダメージが与えられ、体中のあちこちの血管に障害がもたらされて、合併症を誘発するパーセンテージが高くなるのです。
脂溶性のビタミンDは、Caが吸収されるのを促進するという機能が知られており、血液中のカルシウム濃度を操って、筋繊維の動きを操ったり、骨を作り出したりします。