体脂肪率

はりを皮膚に刺してもらう、というダイレクトな幾多の刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスと呼ばれているいわば電気信号伝達を引き起こすという考え方が浸透しています。
メタボリック症候群であるとは診断されなかったとしても、内臓の脂肪が多く溜まる手合いの悪い肥満症を抱えてしまうことに縁って、辛い生活習慣病を発症しやすくなります。
体脂肪量(somatic fat volume)にさして変動がなく、体重だけが食物の摂取や排尿等で短時間で増減するような時には、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減った方は体脂肪率が高まります。
チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、四肢がジンジンと痺れたり脚の浮腫などが象徴的で、進行すると、残念なことに、心不全ももたらすことがあるそうです。
汗疱(かんぽう)は手の平や足裏、または指と指の隙間などにブツブツの水疱がみられる病状で、世間一般ではあせもと呼び、足の裏に出現すると足水虫と混同されるケースもままあります。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、数多くの研究結果から、予防の効能を期待できるのは、ワクチン接種したおよそ2週間後から約150日位だろうということが判明しています。
今時の手術室には、手洗い場や器械室、準備室(preparation room)を備え、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を用意するか、側にX線用の専門室を準備するのが慣例となっている。
20〜30才代で更年期が訪れるとすれば、医学的な言葉で表すと「早発閉経(early menopause)」という女性疾患を指します(我が国の場合40才以下の女の人が閉経してしまうケースを「早発閉経(early menopause)」と定義付けています)。
必要な栄養を網羅した食事や体を動かすことはもちろんのこと、健康増進やビューティーアップを目的とし、特に摂りたい栄養を補うために複数のサプリメントを飲用する事が一般的になっています。
脳卒中のくも膜下出血(SAH)はそのほとんどが脳動脈りゅうという脳内の血管にできる瘤(こぶ)が裂ける事が理由となって起こってしまう深刻な脳の病気だということを多くの人が知っています。
スギの花粉が飛散する頃に、幼いお子さんが体温はいつも通りなのにしょっちゅうくしゃみしたり鼻水が止まらないような時は、残念ながら杉花粉症の可能性があるでしょう。
自分で外から観察しただけでは骨折しているかどうかよく分からない時は、痛めてしまった部位にある骨をごく弱い力でプッシュしてみて、もしその部分に強い痛みが走れば恐らく骨折だと思われます。
めまいが確認できず、しつこい耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを数回発症するタイプの事を区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」という症例も多いようです。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルのひとつであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている化学物質が、肝臓から分泌される解毒酵素のスムーズな生成活動を促しているのではないかという可能性がわかってきたのです。
ちょっとした捻挫だろうと決めつけて、包帯やテーピングなどで一応患部を固定し、様子を見るのではなく、応急処置を施してから急いで整形外科で診てもらうことが、早く完治させる近道になるでしょう。