ウィルス

エイズウイルス、すなわちHIVを有する精液、血液、母乳、腟分泌液、唾液といった類の体液が、看病する人等の粘膜や傷口等に接触することにより、HIVに感染する可能性が高くなってきます。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の中が狭くなってしまって、血流が停止し、大事な酸素や栄養を心筋まで配達できず、筋肉細胞自体が機能しなくなるという怖い病気です。
バイキンやウィルスなど病気を招く病原体(病原微生物)が口から肺へ侵入して発症してしまい、肺の内部が炎症反応を呈示している事を「肺炎」と呼ぶのです。
筋緊張性頭痛は仕事や勉強などでの肩こり、首凝りが因子の最も多いタイプの頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「重くてたまらないような鈍い頭痛」と言い表されています。
栄養バランスの取れた食生活や運動は勿論、健康増進やビューティーアップを目的とし、特に摂りたい栄養を補うために色々な成分のサプリメントを摂る事がおかしくなくなってきていると言われています。
PC画面の細かなちらつきを和らげるPC専用のメガネが現在人気を博している理由は、疲れ目のケアにたくさんの人が興味を抱いているからだと推測することができます。
期外収縮は、病気でなくても見られることがあるので重大な病とは限りませんが、短期間で発作が次々と発生する場合は危ない状態です。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンに変わり、2012年9月から任意接種ではなく定期接種となるため、接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種のスタイルになっています。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬と言われており、白癬菌というかびが股間や陰嚢、尻などの場所にうつり、定着してしまった病気で水虫です。
大抵は骨折に至らない程度の僅かな圧力でも、骨のある決まった個所だけに複数回にわたって切れ目なく力が加わることで、骨折が生じることがあるようです。
健康を推進する世界保健機関は、UV-A波の異常な浴び過ぎが肌に健康障害を起こす可能性が高いとして、19歳未満がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を利用する活動の禁止を先進国に喚起しています。
2005年(H17)年より新たに特定保健用食品のパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような一文の明記が食品メーカーの義務となった。
真正細菌のひとつである結核菌は、菌を保有している人が「咳」をすることによって空間に放出され、空中にふわふわ流されているのを他人が空気と一緒に吸い込むことにより次々に感染していきます。
学校等大規模な集団生活をする際に、花粉症の症状の為にクラスの友達と同時にエネルギッシュに走り回れないのは、患者本人にとっても辛い事でしょう。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、これまでの膨大な研究の成果から、ワクチンの効能を見通せるのは、接種の2週後位からおよそ5カ月程だろうと考えられているのです。