愉病記

昨今、目的や目標を見失いがちな中、病院に行くとキレイな女医さんに会えると言うのは僅かながらも貴重な愉しみになりそうです。

最後のお言葉は実に人間らしい!

いいなぁ~私は少し歳を取りすぎたのか、
キレイな女医、看護士さんを観ても我が娘にカワイクに感じてしまいますなぁ・・・(>_<)
やはり、そういう意味では高慢ちきな熟女好みなのかも_(^^;)ゞ

まだ不能になったわけではありませんので(笑)

確かに学校を出たばかりの様なお嬢さんを見ても娘にリンクするのは分かります。
私も娘が二十歳になるはずです。

熟女好みかは別にして病院内で人間模様を見ているだけでもツマラン小説よりも愉しいです。
「愉病記」たる所以でしょうか。

これに対して、役所では男女も年齢にも関係なく絶望的にツマラン人種ばかりですね。
彼らはサービスとかコストに対する意識が皆無ですから。
なるほど~!
私は見た目は若いように思われますが、
ほとんど不能というか、そのような気持ちが、ここ数年全然働かなくなりました(>_<)
なのに相方は気軽?に女性と話す私の姿を見ていて、ヤキモチなどを焼くことが多々・・・
まぁ、これも何ひとつ隠すことなく、散々自由な恋愛をして来た罰かも分かりませんが_(^^;)ゞ