返済義務

普通、すでに上場済みの企業の場合であれば、企業活動を行うために、株式だけでなく社債も発行するのが当たり前。

株式と社債の違いとは?⇒、返済義務の存在なのである。
いわゆる外貨MMFとは?⇒現在、国内で売買してもよいとされている外貨商品である。外貨預金に比べると利回りがよく、為替の変動によって発生した利益が非課税というメリットがある。証券会社で購入しよう。

原則「銀行の経営がどうなるかは銀行自身に信用があって成功するか、そうでなければ融資する価値がない銀行だと判定されたことで発展しなくなる、このどちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)

【重要】株式とは、債権ではなく出資証券(有価証券)であり、企業は出資されても法律上は当該株主に対しても出資金等の返済に関する義務は発生しないきまり。最後に、株式の換金方法は売却によるものである。

金融庁が所管する保険業法の定めに基づいて、いわゆる保険企業は生命保険会社、損害保険会社に2つに分かれることになった。2つとも免許(内閣総理大臣による)を受けている会社を除いて実施してはいけないことが定められている。